スキー場情報掲示板

212706
スキー場情報掲示板

海外スキー場リポート - ヤックル

2018/03/03 (Sat) 22:58:16
*.eonet.ne.jp

ヤックルです。こんばんは。
2月19日に帰国したのに、リポートを書いていませんでした。

2月8日の深夜便(関空23:35発→ドバイ経由→バルセロナ12:25着)にて無事到着。
時間の関係で8日は仕事終わりに直接空港に行き、事前に宅急便で送っておいた荷物を受け取るも、飛行機搭乗荷物の重量超過で36,000円も取られた。(JALは高い。何故かANAでは取られた記憶がないが。)

バルセロナに到着後、空港ターミナル内にある大手レンタカー会社のスタッフに聞くところによると、予約していたレンタカー会社が空港の外にオフィスがある上に到着したターミナルの反対側とのことで、無料シャトルにて移動する。
無事にレンタカーを借りた時には14時過ぎで、しかもナビの設定を間違って、少々違う道を走ってしまった。
まあ問題なく夕方にはアンドラ公国のホテルに到着したんですけどね。

アンドラのホテルは何故だかB1階にポルシェ、1回にアウディ/ワーゲンのディーラーがテナントとして入っていたり、レンタカー会社まである手広い商売のホテルでしたが。

Re: 海外スキー場リポート - ヤックル

2018/04/22 (Sun) 23:27:19
*.eonet.ne.jp

>さいと~さん

フォルミガルスキー場の8人乗りチェアリフトの屈曲部ですが、肝心の所がカバー付きの為に詳細は分からないですが、屈曲部でスピードが落ちていたので、恐らくそこで別々になっていると思います。
減速すると言っても中間駅になっていないので、乗り場や降り場よりは速い速度ではありましたが。
サンラリースキー場にあった3回屈曲するシュレップリフトと言い、5年前に行ったレッヒスキー場(オーストリア)の8人乗りチェアリフトと8人乗りゴンドラが交互に来るリフトと言い、海外では変わったリフトが楽しめますよ。

>まてぃさん

海外スキー場に行きまくりの人のHPがあって、今回は結構参考にしていました。
その方はキルギスタンだとか、ジョージア(旧呼称・グルジア)だとか、リヒテンシュタインだとか、更にはイランのスキー場にまで行っていました。
その方ですら何故だか北欧のスキー場や南米のスキー場には行っていないようですよ。

ちなみに海外スキーツアーで知られるフェロートラベルでは、南米や北欧のスキーツアーもありますし、当然もっとメジャーな海外スキー場の設定がありますので、まてぃさんも一度行かれては如何でしょうか?
ツアー故に1人参加だと結構割増劉金が発生するのが難点で、殆どの日がガイド付きなので安心な半面、自由度が低いので、私は1回しかフェローは利用したことがないですけどね。

Re: 海外スキー場リポート - さいと~

2018/04/15 (Sun) 18:18:11
*.eaccess.ne.jp

 8人乗りで屈曲してるリフト、すげー。
 ここは一旦減速して、上部と下部では別の主曳索になってるんですか?
 下り線もそのまま曲がってるのを見ると、そのように思えるのですが。

Re: 海外スキー場リポート - まてぃ URL

2018/04/12 (Thu) 17:21:39
*.infoweb.ne.jp

あ~、氷河圏谷のスキー場、目も眩むほどの白さ、迷子になりそうな広さ…素晴らしい画像をありがとうございます

世界中のスキー場を制覇する人間がこの先出てくるかなぁ…。

Re: 海外スキー場リポート - ヤックル

2018/03/25 (Sun) 23:46:38
*.eonet.ne.jp

先行で送信したリポートで、スペインに戻って最初のスキー場名がフォルガミルになっていました。
正しくはフォルミガルでした。失礼しました・・て誰も気にしていないか?(笑)

セルレルスキー場を滑走した翌日も一応オプションで半日予定を組んで、そちらに行くこととバルセロナに戻ることもも考慮した宿に泊まりましたが、今回トラブル続きなことと疲れもあって、素直に朝からバルセロナに向かうことに。
途中深い霧に包まれることもあったものの、無事に最終宿泊のホテルに到着し、大きな荷物だけ置いて空港に移動し、無事にレンタカーを返却。
午後5時までだったものの、正午ぐらいで手放すことに。

空港からホテルに戻るには地下鉄が一番都合が良い為、帰国する翌日分を含めて2日乗り放題券を購入。
とりあえず帰りの所要時間チェックの為に一度ホテルに戻る。
ホテルはサグラダファミリアの近所なので、そのままサグラダファミリアを見ることに。
中に入る券は事前にインターネット予約が必要で、既にその日は売り切れ。
ホテルで聞いても翌日午前11時15分からなら取れるとのことだったが、帰国のフライト時刻が午後2時50分なこともあって、今回は断念することに。

この日は地下鉄乗り放題券にてバルセロナ観光。
持って行った観光ガイドブックにて海沿いの街中にあるレストランでパエリアを食す。
ちなみにメニューは日本語表示もあるので、どんな内容のパエリアか分かりやすい。

その後、バルセロナオリンピックスタジアムに行こうとするも、手前のモンジュイックの丘と博物館までは分かったものの、夕暮れ時だったこともあり見つからず。

再び地下鉄で移動し、FCバルセロナのホームであるカンプノウ・スタジアムにも行きました。
事前にアウェイの週であることは知っていたので、サッカーは見られないのは分かっていましたが、近くで育成年代が練習試合をしているのは見られたし、室内スタジアムではハンドボールをしていて、ウロウロしていたらチケットをくれる人がいて、ハンドボールの試合を観戦していました。
ハンドボールのチームも何故だかFCバルセロナ。ハンドボールならHCでは?と突っ込みを入れたくなるネーミング。
ハンドボールも結構観客も入っていて盛り上がっていました。

以上、スキーリポート+バルセロナ観光リポートを終了します。
最後にライトアップされたサグラダファミリアの写真を。


Re: 海外スキー場リポート - ヤックル

2018/03/25 (Sun) 23:12:53
*.eonet.ne.jp

この日も次の宿到着は午後7時と遅くなったものの、ディナーが午後9時からと遅い時間から開始するので、全く問題なかったと言うより、何故その時間からということも。
そちらの宿の子供(と思われる)子が、そんな時間に料理を運ぶ手伝いをしていたりと、かなり不思議な光景でした。
ペンションっぽいアットホームな宿ですが、3つ星ホテルとなっていますが、何故だかガソリンスタンドも併設されています。

翌日は今回遠征では最後に滑走する所で、顧客満足度なのか、規模なのか、トータルなのか分からないですが、ここ4年連続でスペインNo.1スキー場に選ばれているセルレルというスキー場です。
ちなみに停めらた駐車場は一番奥の土の駐車場で、雪解けでドロドロの所も多く、顧客満足度がそんなに高いか?という感じでしたが。(笑)
峡谷にあるスキー場ですが、ベースタウンもそれなりの規模があります。
最長滑走距離は9kmと蔵王ぐらいの滑走距離ですが、リフト、コースともに1本ずつが長く、滑りごたえはあります。
2箇所のベースエリアがあり、奥のベースエリアでは犬ぞり体験もできるようです。
この日は終始曇りで、疲れも溜まってきていることもあって、それ程テンションも上がりませんでした。
それを差しい引いても本当にスペインNo.1スキー場?という感じでした。
決して楽しくなかった訳ではないのですが、スペインNo.1は大げさな感じも・・・。


Re: 海外スキー場リポート - ヤックル

2018/03/25 (Sun) 22:44:26
*.eonet.ne.jp

フォルガミルでは、リフト乗車もフルコンプリートし、このスキー場の近所(と言っても10Kmぐらいは慣れていますが。)の姉妹スキー場である、パンティコサというスキー場に移動しました。
山麓からはゴンドラ1本で中腹に上がれますが、何故だか平行して遅そうな古いペアリフトも掛かります。
搬器が付いていることから現役っぽいですが、はたして使用されているのか疑問です。

こちらのリフト券はフォルガミルとものが共通で使えるものの、午後3時過ぎぐらいと遅い開始だったこともあり、一番上のエリアのリフト終了時刻が午後4時なこともあり、最上部エリアはダイレクトで戻るコースが無い為に、1回だけの滑走で中腹エリアに戻りました。
このスキー場は基本的に縦長レイアウトで、日本で言えば富士見パノラマを大きくした感じでしょうか。
中腹エリアと山頂エリアは広がりがありますが、下山コースは数本が最終的には1本に集約されるレイアウトです。
景色から察するに標高差はかなりありそうで、滑りごたえはあります。

Re: 海外スキー場リポート - ヤックル

2018/03/25 (Sun) 22:31:07
*.eonet.ne.jp

写真からお判りのとおり、山麓ではコース以外はかなり雪が解けています。
快晴かつ気温も高く、昼近くには+8℃と表示されていましたが、それ程滑りにくい感じは全くなかったです。
上に行くと雪も豊富だし、何より天気が良いし、景色も良くて、とても楽しい一日でした。
一部リフトに待ち時間はあるものの、個人的には今回一押しのスキー場です。
写真に写っているリフト乗り場を見ても、リフト待ちがあることが窺えるかと思います。
と言うより、この写真から窺える景色の良さの方が肝心なんですけどね。

Re: 海外スキー場リポート - ヤックル

2018/03/25 (Sun) 22:23:31
*.eonet.ne.jp

同リフトに乗った状態の写真も。
ちなみに前の搬器には1人開けた状態で7人座っていることからもお判かりのとおり、8人乗りになっています。
私自身は5年前のオーストリアで数カ所のスキー場で経験済みでしたが、今回の海外遠征では唯一このスキー場のみでした。

しかしリフト直下にも平気で車が止まっていますが、ストックとか落とされたら最悪とか思わないのかが不思議です。
ちなみにこの日は木曜日なのに、一度に8人乗れるこのリフトに乗るのに5分ぐらい要しています。
日本だと中途半端な火曜日と木曜日ならガラガラ状態だと思うのですが、こちらではみんな遊び人なのかと思ってしまうぐらいです。

Re: 海外スキー場リポート - ヤックル

2018/03/25 (Sun) 22:14:44
*.eonet.ne.jp

>さいと~さん

お褒め頂き、ありがとうございます。
私も自身のブログ作成とかに全く興味ない訳でなく、いつかは作ろうかなと思ってネタ(国内外の色んなスキー場に行ったり。)や写真撮影したりしているんですけどね。
そのうちにと思いつつ、何年も過ぎているんですけどね。

さてリポートも終盤。
フランスの国境を超え、再びスペインに入った所の主要国道沿いにスキー場があります。
翌日に来る予定のフォルガミルというスキー場で、この日はその山麓のビエスカスという街のホテルに泊まりました。
今回滞在した宿では一番コスパが高かったです。

街中なのに何故だか路上駐車OKと、日本では考えられない状態です。
一応裏に未舗装ながら大きな駐車場があるのですが、路上に詰め詰めで停めているのを見ると、間違いなくバンパーで前後の車を押している臭い感じです。
幸い自分が借りている車の前後は、詰め詰めにはなっていなかったですが。

翌日街中は雨上がりの曇りだったこともあり、あまり手のうは期待していなかったのですが、スキー場に近付くに従って快晴になってきました。
フォルミガルスキー場は国道沿いにやたらに幅広な駐車場があり、スキー場のレイアウトの都合上か駐車場の真上をリフトが通過していて、8人乗りのチェアリフト、中間駅でもないのに途中で直角に曲がるなど、日本では全くありえない光景でした。


Re: 海外スキー場リポート - さいと~

2018/03/22 (Thu) 07:47:38
*.eaccess.ne.jp

ああー、こんなに読み応えあるのに、ホント、もったいない。
地図の画像とか織り交ぜた構成にすれば、いいアーカイブになるのになぁ。。。(と、私が惜しがってもしょうがないですが)

Re: 海外スキー場リポート - ヤックル

2018/03/18 (Sun) 00:08:43
*.eonet.ne.jp

4日目の滑走を終えて、翌日のスキー場の近くのスキー場へ向かいました。
途中ツールドフランスのコースになっている峠を通過するスーとが最短ルートだったのですが、ナビは途中でそのコースから外れるルートを指示しました。
事前に調べたGoogleマップのコピーでも同じルートだったのですが、対向車が来たらアウトみたいな幅のルートでした。(汗)
幸い対向車は来ずに元のルートに再び合流するも、冬季閉鎖っぽい遮断機が片側だけ降りているのを見て、ヤバそうな感じがしたので引き返すことに。

当然先ほどの狭いルートでなく、ツールドフランスのルートにて下山し、遠回りながら街中を抜けるルートにて宿へ。
宿の近くっぽい分岐があったが雪道だったこともあってしばらく停車していると、何処に行くのと確認する車に乗った地元人っぽい女性が。
その夜泊まるペンションの住所とペンション名の入ったコピーを見せると、後ろについて来てと言って先を走り、ペンションの前で窓を開けて指を差して教えてくれた。
今回親切な人にかなり会ったことはラッキーだったと痛感。

翌日、非常に残念ながら天候が悪く雪道でしたが、実はとある問題で途中でレンタカーの車種が変わっています。
同じチェーンのままで使えると聞いていたのにも関わらず、どうやらチェーンが短いみたいだし、坂道も上れそうにもないので諦めかけていたが、車が何台も通るうちにアスファルト面が見えてきたのでダメ元でチェーンなし走行を試し、なんとかスキー場に到着できた。

3日連続でフランス。この日はグラントゥルマーレで、スキー場とは別方向に掛かるロープウェイでピック・デュ・ミディと言う山からの景色を楽しむのが予定の一部だったものの、悪天候の為行っても仕方ない上に、ロープウェイも運休していた。
今回行った中で一番標高が高いのに、何と天候は雪ではなく雨。
当初一番期待していたバケイラ・べレットと、グラントゥルマーレだったのに、いずれも天候が悪く非常に残念。
しかも湿雪なので滑りも悪く、ノルマ的に端まで行って引き返すだけ。
しかも一番標高の高いエリアに行くリフトにも未乗車。
一番端のエリアでは、間違って山麓からリフトが掛からないコースに途中まで降り、ここのHPの常連さんが好き?な担ぎ上げで戻ることに。(担ぎ上げが好きなのかは存じ上げませんが。)
体力のない私は担ぎ上げが大っ嫌いだし、滑走とリフト乗車はセットでなければ派なので。
ベースエリアには高級そうなホテルも建ち並び、天気さえ良ければ良いスキー場なんでしょうけど、今回は最低ランクになってしまいました。
機会があればリベンジしたいところですが、海外故そうそう行ける訳でないので・・・。

この日は再びスペインに戻る上に今回で一番長距離移動の為、早めに切り上げることに。
湿雪と雨と、ゴーグル&眼鏡の曇り、ミスコースによる担ぎ上げと、数々のモチベーションが低下する要因もありましたが。

Re: 海外スキー場リポート - ヤックル

2018/03/17 (Sat) 23:18:56
*.eonet.ne.jp

さて3日目の滑走も終わり、今夜の宿に向かう途中、5叉路のランナバウトに遭遇し、ナビの表示を見間違えて1つ行き過ぎた通りに入ってしまいました。
少し先で右に寄せて(当然右側通行なので)Uターンをしてランナバウトに戻ると、ランナバウトの中にフランスの警察の方々が・・・。(汗)
こちらが日本人なのを見て、英語で免許を見せろと言うので国外免許を見せると、日本の運転免許も見せろとのことで、確認しながらルール違反だろう的なお叱りを受けました。
こちらのルールを知らなかったと言って(フランス語は分からんので英語で答える。)まさかの外国での交通違反の切符を切られる覚悟をしていると、国によってそれぞれのルールがあるのだから知らないでは困る的なことを言って免許を返してくれ無罪放免。
いい加減に国外免許を助手席に置くと、大事なものを適当に置くと困るぞ的なお叱りも。
前日に助けて貰ったスペインの警察といい、ここでもフランスの警察といい、海外の警察は結構親切でした。
もっとも片言の英語しか喋れない日本人の相手は面倒だと思って、無罪放免にしてくれただけかも知れないですが。(笑)

初日のアンドラ、2日目のスペイン、3日目のフランスと、3日で3ヶ国を巡りましたが、今回初の同一国連続で、4日目もフランスにてスキーです。
4日目はペラグデに行きましたが、事前に調べていた範囲では対して大きなスキー場じゃないように感じていました。
実際にはトレイルマップ以上に広いスキー場で、今回行った中では一番気温が低い為に雪質もとても良かったです。
森林限界が日本や北米に比べて低いこともあり、やたらと標高が高い訳でない割に樹木は少なく、見える景色は殆ど真っ白のスキー場でした。
日本で言えば秋田県のジュネス栗駒みたいで、それを大きくした感じです。
周辺のスキー場に大きい所があるからか、比較的リフト券の値段は安いこともあって人気もあるみたいです。


Re: 海外スキー場リポート - ヤックル

2018/03/17 (Sat) 22:44:29
*.eonet.ne.jp

>さいと~さん

確かに完全な趣味の世界で、極端な話書き込むだけで満足しちゃっている感はあります。
と言いつつ、レスがないとか書いていますが。(笑)
ただ単にどんなスキー場だったかレベルだけですから。

前日の移動開始の遅れの反省から2日目は少し早目に切り上げましたが、またまたトラブルが。
あまりトラブルを詳細に書いても仕方がないので、省略ということで。
すごろくで言うところの「ふり出しへ戻る」状態で、バルセロナ空港に戻る羽目になったのですが。(汗)

3日目はピレネーのフランス側、サンラリーへ。
ここは複数のベースがあり、街中からだとロープウェイ駅、ゴンドラ駅の2箇所がありますが、事前にGoogleマップとスキー場の公式サイトで駐車場の存在を確認出来ていたロープウェイ駅の駐車場へ。
ロープウェイ駅の駐車場はそれ程広くなく、ロープウェイ山頂駅からゲレンデまでの歩きを考えて、今後行く予定(の人がいるかな?)のことを考えるとゴンドラ側の方がお勧めです。
ロープウェイ駅とゴンドラ駅はそれ程離れておらず、こちらの方が新しい分、駐車場も広くて、直接ゲレンデまで出られる位置に山頂駅があるので。

とりあえずリフト券を買うのに売り場へ行くと、中に人がいるのに売り場は9時からだから券売機で買ってくれみたいな対応。
ロープウェイは8時から動いているにも関わらず。
一応フランス語以外にも英語とスペイン語の音声ガイドがあり、英語ならそれなりに分かる音声ガイドなのですが、クレジットカードしか使えない上に、何故だか手持ちのカードを受け付けてくれず、銀行のキャッシュカードみたいに3回エラーが掛かったら使えません状態でした。
まあここの券売機だけで使えないぐらいに考えていたら、まさかこの後手持ちのクレジットカードが何処でもエラー状態になるとは思わなかったですが。

仕方なしにチケット売り場が開くのを待って、エgん金で富士にリフト券を購入するも、最低なスキー場だなぁとこの時点では思っていました。
朝のうちはガスに覆われていて視界が悪かったのですが、そのうち日が差してきて、スキー場的には凄く楽しかったので、対応の悪さはチャラになりました。(かなり勝手ですが。)

コース的には通常の広いロングバーン+ロングリフトのコースと、各エリアを繋ぐ連絡コース、そしてシュレップリフトの掛かるオープンバーンで構成されており、コースレベルもロケーションもバラエティに富んでいます。
シュレップリフトの中には同じリフト上で3回も屈曲するものまであり、リフトマニアも満足?するところです。
スキー場自体は凄く気に入り、今回初の全リフト完全乗車を達成しました。(下山のゴンドラも含めて。)
この日は宿泊が近いこともあって比較的長い時間楽しめました。

Re: 海外スキー場リポート - さいと~

2018/03/16 (Fri) 08:20:28
*.eaccess.ne.jp

ヤックルさん
 私はブログを何本か持ってますが、どのぐらい見に来てくれたかなんて、あんまり気にしてないですね。
 ただの電子メモ書きみたいに思ってるので。
 一応、スキー場のパンフレットブログだけは、ちょっと気にしてるけど、モチベーションとはあんまり関係ないです。
 こう言ってはなんですが、この掲示板に書くよりは読まれる可能性は高いのでは?

Re: 海外スキー場リポート - ヤックル

2018/03/14 (Wed) 22:47:33
*.eonet.ne.jp

2日目のバケイラ・べレット(スペイン)を。

今回唯一スキー場近辺のホテルに泊まったので、すぐ向かいがベースエリアになります。
海外スキー場の殆どがICカードを採用しているのですが、ここのリフト券は今は亡き鈴蘭高原もように針金をジッパーのリングに通してシール状のリフト券を裏表合わせで貼りつける方式で、リフト乗り場ではバーコードリーダーを持った係員によってチェックされます。

この日はあまり天気が良くなく時々みぞれが降っていて、雪質も湿雪でした。
この日はリフトの運休もない為に、計画的に遠い箇所から順に回って行きました。
スキー場の名前はバケイラ・べレットですが。実際にはバケイラとべレットとボナイグアの3つのスキー場の集合体で、かなり広大なスキー場です。

べレットの一番端、道路の上をコースが横切っている方に行きましたが、湿雪+未圧雪に足を取られて何度か転倒。
起き上がるたびに体力消耗で、天気も悪いこともあってやる気なし状態でした。
もっとも少なくとも3つのエリアを回らないと話にならないので頑張ってボナイグアまで行きましたが、一番端のエリアまでは根気が続きませんでした。
大抵海外スキー場に行くと、2日目か3日目にやる気なし状態or体力消耗&ガス欠状態になるので、決してここのスキー場が楽しくない訳でないのですが・・・。
基本的に体力不足+スキル不足なので、このスキー場の名誉?の為にも、真に受けてつまらないスキー場と思わないで下さい。(別に宣伝料を貰っている訳でないですが。)

数回転倒したコースの写真。
黒い線に見えるは道路です。

Re: 海外スキー場リポート - ヤックル

2018/03/14 (Wed) 22:28:04
*.eonet.ne.jp

>まてぃさん

言葉は簡単な英語だけでなんとかなります。
私などカタルーニャ語はおろか、スペイン語ですら「オラ」と「グラシアス」しか喋っていません。

スキー用具はブーツだけ自前の方が良いと思います。
レンタルだと足に合わないと苦痛でしかないですので。

>さいと~さん

以前はYahoo!の簡易ブログがあったのですが、簡易故に容量が一杯になったことと、システム自体が終了したので、現在は未存在です。
ちゃんとしたブログをやっても良いのですが、スキー系のブログは来客?が少ないのと、ブログ更新の根気が続くかどうか・・・。

初日のグランバリラの画像を貼っておきます。
この写真で一番後ろの山以外の白い部分は、殆どスキー場です。

Re: 海外スキー場リポート - さいと~

2018/03/12 (Mon) 17:46:27
*.eaccess.ne.jp

ヤックルさん ハプニング盛りだくさんですね。
 で、これ、ブログとかに転載したほうがいいのでは? この掲示板だと、数年したら消えちゃうし、写真もたくさん貼れないし。

Re: 海外スキー場リポート - まてぃ URL

2018/03/09 (Fri) 14:23:12
*.ocn.ne.jp

いえいえ、レポートの邪魔しちゃいけないのでコメントしなかったです
南欧のスキー場って、いいですね
海外の交通事情も興味深いです

自分で情報みたくてもカタルーニャ語がわかりません

あと、海外はレンタルのサイズが心配ですが、持っていくより借りた方が楽そうですね

Re: 海外スキー場リポート - ヤックル

2018/03/07 (Wed) 23:01:00
*.eonet.ne.jp

17時前に出発したのに駐車場の出口で渋滞の為に、道路に出てすぐにチェーンを外した時には18時近くになっていたというオチが。
アンドラを後にして翌日のスペインのバケイラ・べレットに向かったのですが、通常3時間程度掛かるのにもかかわらず時間的にそんな状態。
途中の峠ではSUVなのにコーナーを攻める羽目になり、頭文字D状態で飛ばす飛ばす・・・、って調子に乗っていると所々凍結路面があるので、細心の注意を払うのは当然のことですが。
ピレネー付近では夜明けが遅いものの、18時過ぎぐらいまでは何とか明るいと言っても、19時、20時と時間が過ぎると流石に夜の運転。

何とか最後の峠に差し掛かり、予想到着時刻は20時半と見ていたものの、最後の峠で最悪なことに積雪路面に変わる。
下りなら何とかなるものの、登りのノーマルタイヤ+FFではトラクションコントロールが作動しっぱなしで、仕方なしに再度チェーンを付けることに。
真っ暗な峠の為、車のライトを点けっぱなしでチェーンを装着を試みるも、一度使ったチェーンの付けにくいこと付けにくいこと。
付け方が悪かったのかチェーンが一部切れてホイールハウス内を叩くし、後は下りのみと思われるがチェーンを外すのも勇気がいるし。

結局スキー場のベースエリアに予約したホテルには21時に到着するも、予約に入っていたディナーは21時までで返金もなしと冷たい対応。
前泊はディナータイムは23時まで、後日泊まったとこに至っては21時からディナーと、宿泊先によってバラバラな時間設定な変わったお国柄。

翌日に滑ったスペイン最大級のスキー場である、バケイラ・べレットについてはまた後日・・・って、ここまで全くレスなし。(笑)

グランバリラスキー場 - ヤックル

2018/03/04 (Sun) 22:30:59
*.eonet.ne.jp

肝心なグランバリラスキー場について。

広大な駐車場があるベースエリアから延びるゴンドラで上にあがると次第に天気は回復し、朝の降雪が嘘のように快晴に変わった。
それに伴い風も収まり、運休中だったリフトが次々に稼働開始。

当初は少ないエリアでも仕方ないと思っていたが、遠くに見えるリフトが稼働(スキー場の要所にある電光表示付きマップでも確認できる。)しているのを見て、時間を考えながらなるべく遠いエリアまで足を伸ばそうと休みなしに滑る。
そもそも午前中の早い段階で遠いエリアまで滑るのが基本なのに、状況がそれを許さなかったこともあるが、ただで終わらさない変な拘りがあるので。

1日で滑り切ること自体無理がある広大なスキー場なので、そもそも1リフト1回乗車が基本であるものの、とにかく遠く遠くと、最終的に一番遠いエリアのベースまで滑って引き返してくるも、コースマップと実際の位置の照合がし辛い上に同じ景色ばかり見ているようで、何だか迷路に迷うような感じでした。
元に戻るのに遠回りしていたと思います。

コースはとても楽しく天気も良かったものの、海外でも構わずメグラーぶりを発揮する為、次の宿泊先に向けて移動を考えて16時上がりを考えていたのに、結局17時前に出発。
ところがここでもまたまたオチが付くことに。

Re: 海外スキー場リポート - ヤックル

2018/03/03 (Sat) 23:50:09
*.eonet.ne.jp

基本的にずっと登り道で途中から勾配も強くなり、雪まで降ってきた上に渋滞が発生。
原因はスタッドレス装着の有無をチェックしており、ノーマルタイヤ装着車の自分も一瞬行けの合図が出るも、直後に空転した為に路肩に寄せてチェーン装着を命じられる。
もっとも自分の感覚でもノーマルタイヤのFF(SUVを借りたのに。)では限界臭いので、チェーン装着を考えていましたが。

チェーン装着はそれ程手間取らなかったのですが、その後に最大の問題点に気付くことに。
何と最初のゴンドラステーションのスキー板を忘れてきました。(汗;)
ゴンドラステーションに引き返すも相変わらずゴンドラは運休中で、しかもそのあたりはランナバウト(ロータリー)があるので、その手前に停めて取りに行こうとするも、慌ててサイドを引き忘れたままで降りようとした為に車が動きだ出して、向こうの警察官らしき人物のここに停めたら駄目、ランナバウトも向こう側に停めろと言われることに。
スキー板を回収して、一度何処かの駐車場に車の頭を突っこんで反転したところ、さっきの警察官らしきオッサンがそれは駄目だろう的なことを言っていたが、日本人相手は面倒と思ったのか御咎めなし。

山麓までコースがあるベースは無料駐車場(行く前から情報を仕入れていたが。)です。
ただリフト券を買おうとすると何だかややこしいことに。
向こうのリフト売り場の係がこちらが日本人だと分かると、受付にあるPCの翻訳にてスぺイン語から日本語に変換するも、あれも大概変な変換されるので、「我々は○○とだけ繋がっている。」と言う表示を見て、一瞬怪しい宗教かと勘違いしました。
実は○○は隣のベースエリア(確か7~8箇所ベースエリアがある。)のことで、リフトの運休があると言いたかっただけでした。(笑)
しかも医療保険に入っているかとか表示されるので、YESなどと答えるとリフト券が高くなるので、スキー保険のことかと気づいて最初の保険無リフト券に変更して貰った。
この時点で10時半過ぎていた。(汗;)
まだ全然スキーリポートになってないやん!(笑)

Re: 海外スキー場リポート - ヤックル

2018/03/03 (Sat) 23:22:17
*.eonet.ne.jp

2月9日

日本のスキーヤーには殆ど馴染みのないアンドラについて。
日本での正式な呼称はアンドラ公国で、スペインとフランスに挟まれた小国。
面積は石川県金沢市程度だそうですが、兼六園からスキー場のある辺りまで金沢市なのを考えると、小国と言えどそれなりの広さです。
ピレネー山脈に位置するのでスキーが4箇所ありますが、普通に町もあるし、険しい国土と言う感じは全くありません。

その中で国の1/5の面積を誇る広大なスキー場、グランバリアが初日のお相手でした。
朝からあまり天候が良くなくて、ホテルから4Kmの立体駐車場付きのゴンドラステーションに行きリフト券を買おうとするも、上部は強風の為にゴンドラは運休とのこと。
駐車料金は返却されるので、山麓を滑れる別のベースエリアを勧められる。
そこまでは更に5Km離れたベースに行こうとするも、そこで1つ目のケチが付きました。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.